Q:住宅ローンの元利均等返済と元金均等返済の違いは?

投稿日  2016年1月8日

A:元利均等は元金+金利の合わせた返済額が一定の返済方法です。

  元金均等は返済期間中、元金の返済額が一定の返済方法です。

 

nanmandai

 

住宅ローンの返済方法はほとんどが元利均等となっております。これは元金と金利返済の合計額が一定額なので、返済計画を立てやすい為です。

 

元利均等は当初は利息の返済に充てられる割合が大きく、返済が進むにつれて元金の割合が増えていきます。

元金均等と比べて返済額(利息部分)が多くなりますが、当初の返済額が低く抑えられる、基本毎月の返済額が一定となるメリットがあります。(変動金利が上がった場合には、5年毎に返済額が増加する可能性があります)


元金均等は、毎月、元金を一定金額返済する方法です。元金に対しての利息を上乗せして支払いますので、当初の返済額は多くなりがちですが、返済が進むにつれて、利息分が減るので、毎月返済額はだんだん少なくなっていきます。総返済額が元利均等よりも少なくなるのが最大のメリットです。

月々の返済額に余裕がある場合には、元金均等を返済方法とするのも良いかもしれません。

muryomitumo2016